カードゲーム

歴史あるカードゲーム、バカラは日本でも人気

歴史あるカードゲーム、バカラは日本でも人気

   

日本では、カードを使ったゲームであるバカラが人気を博しています。バカラはルールがシンプルでハウスエッジが低く、ジェームズ・ボンドなどの映画にも登場することから、日本人に人気のあるカジノゲームとなっています。

では、バカラはどのように誕生したのでしょうか?どのようにして現在のように多くの人にプレイされるようになったのでしょうか?

この記事ではバカラの歴史を振り返ります。

 

バカラの始まり

トランプを使うバカラの発祥については多くの説がありますが、19世紀頃と言われています。

また、バカラのベストハンドとして9の数字を使う中国のゲーム「パイゴウ」がバカラの名前に変わったという説や、古代ローマ時代のサイコロゲームに由来するという説もあります。つまり、バカラの起源については詳しいことがわかっていないのです。

バカラは9人の神々とブロンドの処女が9面体のサイコロを投げると逸話から始まったとも言われています。

サイコロを振って8か9が出れば巫女に、6か7が出れば宗教儀式を禁じられ、6以下が出れば海に投げ込まれるというように、サイコロで運命を決めることもあったのです。

そんな伝統的なゲームであるバカラも、今ではオンラインで気軽に簡単に楽しめるようになりました。

 

バカラの広まり

バカラの語源は、イタリア語で「何もない」「ゼロ」という意味です。15世紀にイタリアのプロプレイヤーがタロットカードを使って考案したのがバカラの始まりという話もあります。

バカラは16世紀初頭にフランスに伝わり、貴族だけが遊べるゲームとして楽しまれていました。一時期は、多くの貴族がバカラをプレイしすぎて働かなくなってしまったため、バカラが禁止されたこともあるようです。これほど当時バカラは人気を集めていたのです。

そして、国や大陸を越えて多くの国でプレイされるようになる中で、いくつかのバージョンが生まれたのです。

そして、貴族に愛されるゲームとしてヨーロッパ、アメリカでプレイされ、いずれはアジア、日本へと伝わるようになったのです。

 

今日のバカラ

現在、バカラは世界中のどこでもプレイできるオンラインカジノで楽しまれています。オンラインカジノバカラには、プレイヤーに数え切れないほどのメリットがあり、ランドカジノよりもオンラインカジノでバカラを楽しむギャンブラーの方が多くなってきています。

日本でも楽しめるオンラインカジノのバカラでは、多くのボーナスも用意されています。さらにはロイヤリティプログラムもあり、無料でバカラゲームを試すことができるオンラインカジノもあります。

また、今後日本国内のランドカジノが建設されることが予定されています。そして、もちろんバカラテーブルが用意されることでしょう。そうすることで、バカラがより日本人にとって身近なカジノゲームになることが予想されています。

 
RELATED POST