芸能人

のん(能年玲奈)なぜ岩手の聖火ランナーに?現事務所の活動は

こんばんは!

のん(能年玲奈)さんがオリンピックの聖火ランナーに選ばれましたね!

オリンピックは確実にテレビで放送されると思うので、来年は全国の地上波で「のん」さんを見る事ができるかもしれませんね!

そんな最近の活動が気になる「のん」さんについて調べてみました!

なぜ岩手県の聖火ランナーに?

まずはじめに、そもそも、なぜ岩手県の聖火ランナーに選ばれたのでしょうか。
「のん」さんの出身は兵庫県です。幼少時代も岩手で育ったということはないそうです。

朝ドラを見ていたという方はすぐにお分りだと思いますが、のん(能年玲奈)さんがブレイクするきっかけとなったNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となったのが岩手県でした。

懐かしい「じぇじぇじぇ」のあれです笑

「あまちゃん」はのん(能年玲奈)さん主演で、岩手県の三陸海岸沿が舞台でした。
震災を劇内の出来事として扱い、復興に携わる姿もドラマ内で描かれました。

そういった背景から岩手県の人々は、辛かった仮設住宅での生活の中で笑いを届けてくれたり、復興に一役買ってくれたのんさんを初めとしたあまちゃんスタッフには並々ならない感謝があるそうです。

岩手県の知事も「のん」さんの大ファンである事を公言しており、事務所独立騒動の後も、のんさんは地域住人の方々と交流を持ち続けていたそうで、深い縁が岩手県とはあります。

岩手県ではJA全農や岩手銀行、岩手県産んお米などのCMにも起用されていて、テレビではよく見かけるそうです。地方の農協や銀行の力ってとても大きいので「のん」さんの岩手での絶大な人気がわかるエピソードです。

岩手県の方々の反応

めちゃくちゃ愛されてます!笑

のんさんの現事務所と活動について

「のん」さんは現在「株式会社non」という自身が代表取締役を務める個人事務所を設立しています。

マネージメントに関しては「株式会社スピーディ」という会社と専属マネージメント契約を結んでいるようです。

株式会社スピーディのホームページを見ると、アートや出版などの会社のようですが、のんさんの仕事も大きく紹介されています。

見る限りタレントとして契約しているのはのんさんだけのように見えます。

株式会社スピーディの福田代表のインタビュー記事によると、民放放送のオファーは多く来るが、何週間か経つとテレビ局側から「なかったことにしてほしい」何かしらの圧力か忖度が働いているのではないかとコメントしています。

前事務所であるレプロエンタテイメントは数多くのタレントを抱える大手事務所でテレビ業界のこういった闇はまだまだ深いのかもしれませんね。

現在はCMYoutubeチャンネルも開設しており、音楽活動も精力的に行なっており、アルバムもリリースしています!

まとめ

以上、のん(能年玲奈)さんの事務所岩手県との繋がりについてでした!

地域を代表する聖火ランナーという仕事はクリーンで公共性も高いので、これをきっかけに民放テレビに露出することも今後大いにあるかもしれませんね!楽しみです!

最後までご覧いただきありがとうございました!