競馬の歴史

競馬の歴史

競馬の歴史

最近では、ブックメーカーなどを利用して気軽に競馬にベットできるようになってきています。例えば、スポーツベットアイオー 競馬 オッズは非常に豊富であり、いろいろなベット方法が可能です。オンラインでスポーツべッティングをすれば、日本国内から海外の有名レースに気軽のベットすることができるのです。

では、世界で人気を集めている競馬には、どのような歴史があるのでしょうか?

この記事では簡単に競馬の歴史を振り返っていきましょう。

 

最初の競馬の記録

競馬がいつどこで始まったかは明確ではありません。しかし、記録に残る最古のものは、紀元前700年から40年にかけてのギリシャのオリンピック大会だと言われています。そして、やがて中国、ペルシャ、アラビアなどの近隣諸国や、中東、北アフリカなどにも広まり、競馬は進化を続け、現在のようなスポーツに発展していったと言われています。

中世のイギリスでは、馬の速さを競うためにプロの騎手が騎乗し、いかに馬が早く走れるかを披露していました。この時代には、騎士が騎乗する3マイルのレースで、40ポンドという最初の賞金が提供されたことでも知られています。

 

競馬の人気の上昇

競馬の人気が高まるにつれ、競馬が人気スポーツとして定着するようになりました。チャールズ2世によって導入されたキングス・プレートは、勝者に賞金が与えられる競馬として初めて知られるようになります。これが競馬が賭けとして楽しまれるようになった最初のレースであり、特にルイ14世の治世には盛んとなりました。

また、アメリカでは、1600年代のニューヨークで流行し、ロングアイランドの平原にいくつものレースコースが建設されました。このようにして、少しずつギャンブルとしての競馬が世界に広まっていったのです。

 

近代競馬

近代競馬の始まりは、18世紀とされています。1776年、イギリスで最初の近代競馬が行われ、セントレジャーと名付けらました。その後、1779年にオークス、1780年にダービーが開催されたのです。

これらの競馬レースは、今日でも最も人気のあるレースの一つであり、競馬賭博は世界中でますます多くの人々に人気のある娯楽となっています。

フランスでは、1836年にジョッキークラブ賞、1863年にパリ大賞典、1920年に凱旋門賞が誕生しました。また、アメリカは、1867年にベルモントステークスを導入、その後、1873年にプリークネスステークス、1875年にケンタッキーダービーが開催されるようになりました。

       
RELATED POST