エンタメ

厚底ヴェイパーフライネクスト% 使用の有名選手 駅伝選手一覧

ヴェイパーフライネクスト%を使用している有名選手、使用カラーなどについて調べました!

2020年の箱根駅伝を観戦していると、黄色や緑、ピンクなどカラフルな足元に目が行ってしまいますね。

今、トップランナーがこぞって履いているナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト」ですが、使用している有名選手や2020箱根駅伝での使用選手について調べてみました!

ヴェイパーフライネクスト%の概要

NIKE(ナイキ)のランニングシューズで正式には「ナイキ ズームXヴェイパーフライネクスト%」という名称です。

史上最軽量、史上最速を謳った最新モデルです。

価格は30,250円(税込)です。

テレビなどでよく見るのは「ピンクブラスト」というカラーで、2019年9月15日に発売されました。

「厚さより速いものはない」というキャッチコピーで厚底が特徴のランニングシューズです。

  • 軽量で通気性に優れ、しっかりと快適なフィット感を提供。
  • 土踏まずのバンドを排除し、シューズの軽量化と腱上部の圧力を軽減。
  • つま先を曲げるときのエネルギーロスを抑制。
  • つま先部分を広くし、余裕のあるフィット感を提供。
  • 足先の動きもしっかりカバー。
  • 縦方向のフレックスグルーブをアウトソールに備え、あらゆる天候と路面でのトラクションを強化。
  • スピード感があるトランスルーセントの格子状パターン。

出典:NIKE公式HPより

ヴェイパーフライネクスト使用の有名選手

大迫傑(おおさこすぐる)選手

使用カラー:ピンクブラスト

フルマラソン日本記録保持者、設楽悠太選手と日本記録を競い合っている。

設楽悠太(したらゆうた)選手

使用カラー:ピンクブラスト

元フルマラソン日本記録保持者

2019年のゴールドコーストマラソンでは大会記録を更新

エリウドキプチョゲ 選手

使用カラー:ピンクブラスト

現フルマラソン世界記録保持者

服部勇馬 選手

使用カラー:ピンクブラスト

2020東京オリンピック男子マラソン代表内定

中村匠吾 選手

使用カラー:ピンクブラスト

2020東京オリンピック男子マラソン代表内定

鈴木亜由子 選手

使用カラー:ピンクブラスト

2020東京オリンピック女子マラソン代表内定

ヴェイパーフライネクスト使用の駅伝選手

米満怜 選手

創価大学

使用カラー:ピンクブラスト

2020年箱根駅伝1区区間賞

相沢晃 選手

東洋大学

使用カラー:グリーン&オレンジ

2020年箱根駅伝2区区間賞

Y・ヴィンセント 選手

東京国際大学

使用カラー:グリーン&オレンジ

2020年箱根駅伝3区区間賞 区間新

吉田祐也 選手

青山学院大学

使用カラー:ピンクブラスト

2020年箱根駅伝4区区間賞 区間新

宮下隼人 選手

東洋大学

使用カラー:グリーン&オレンジ

2020年箱根駅伝5区区間賞 区間新

なんと区間賞を取った全選手がヴェイパーフライネクストの使用者だったんですね。

さらに区間記録も大幅更新ラッシュで、もちろん選手の力もありますが、この結果を見るとシューズの影響もあると言わざるを得ませんね。

まとめ

以上、ナイキズームXヴェイパーフライネクストを使用している有名選手でした!

正直、履いていない有名選手を探す方が難しいですね笑

日本記録更新2020年の駅伝の新記録ラッシュは記憶に新しいですが、このシューズが1つの要因となっている事は間違いないと思います。

ランナーの企業とのスポンサー契約はユニフォームのみで、シューズは基本的には自由に選ぶ事ができるので、ナイキのヴェイパーフライネクストは増えていくと予想します。

利権が絡むとすぐ、規制や禁止になる事もある世界なのでランニングシューズの行く末はこれからも注目ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!