時事ネタ

愛子さまの学力は?偏差値72で国語は天才。小説を書いたことも

愛子さまの学力は偏差値72で国語に関しては天才的で小説を書いたこともあるそうです。そんな愛子さまの学力について調べてみました!

愛子さま学習院大学へ進学

愛子さまは4月から学習院大学の文学部に進学することが分かりました。

現在、学習院女子高等科に在籍しているので内部進学ですね。

一時は東京大学やハーバード大学に進むのでは?とも言われていましたが、順当に内部進学でした。

学習院大学の在籍中に海外留学に行くことはあると思いますが、それも注目ですね。

次に愛子さまの学力について迫ってみたいと思います。

愛子さまの学力は?

愛子さまは学年では常にトップクラスの成績で、通信簿はオール5だったそうです。

高校でも偏差値が「72」あるという噂もあるくらい優秀な成績でした。

科目では特に「国語」が好きで、漢字テストは常に100点を取っていたそうです。

100点が取れなかった時は、自ら間違った漢字を100回ノートに書くということを課していたそうで、真面目でストイックな一面があるのですね。

高校時代にイギリスに数ヶ月留学しただけですが、英語もペラペラだそうです。

お母さんの雅子さまが英語話せるので教えてもらっていたのかもしれませんね。

これだけ聞くとかなりの努力家でガリ勉なイメージですが、愛子さまはバスケットやダンスなどの学校行事でも活躍されたそうです。

勉強も運動もこなせる、まさに「文武両道」だったようです。

学習院大学では「文学部」に進学することに決まりましたが、文学に関しては特に才能が突出していると言われています。

小さい頃からかなりの量の本を読んでいて、集中すると夜中まで読んでいることもあったそうで、「早く寝るように」と注意されるくらいだったそうです。

中学1年生の時にはファンタジー小説を書かれ、思わず引き込まれてしまう文章力に驚きました。

とても中学1年生が書いたとは思わないですね。

また、中学3年生の時に書いた広島の原爆について書かれた感想文でも素晴らしい文才を見せていました。

原爆ドームを目の前にした私は、突然足が動かなくなった。何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。

命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。私には想像もつかなかった。平和を願わない人はいない。

しかし、世界の平和の実現は容易ではない。今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。

では、どうやって平和を実現したらよいだろうか。「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。

出典:世界の平和を願って(愛子さま作文)

中学でここまで書けるなんてという内容と文才ですね。

愛子さまが将来、小説を出したら読んでみたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED POST