お笑い

M-1 すゑ(え)ひろがりず 海外で爆発ある?伝統芸能スタイル

年末の恒例行事漫才グランプリM-1の季節が今年もやってきました!

1組だけ袴姿に鼓を持って、伝統芸能のようなコンビがいました笑

調べてみると「すゑひろがりず」(すえひろがりず)というコンビでした。

どんなネタ?人物なのか調べてみました!

すえひろがりずのネタはこちら↓↓

メンバー・性格・人物

すゑひろがりず(以下、すえひろがりずと表記)は吉本興行所属のお笑いコンビです。
大阪NSCの28期生です。同期には「奇跡の顔面」でテレビ番組に多数出演している「アインシュタイン」の稲田さんがいます。

元々は二人の名前を組み合わせた「みなみのしま」というコンビ名でしたが、2016年に現在の「すえひろがりず」に改名したようです!

伝統芸能に現代の要素を組み合わせた斬新なネタをつくる「すえひろがりず」のお二人の人物について迫ってみました!

ツッコミ:南條 庄祐(なんじょう しょうすけ)

南條さんは1982年生まれの大阪出身です。

趣味は神社・仏閣を巡ることで、特技は小鼓で、宣材写真で鼓を持っている方が南條さんですね。

テレビ番組「ナカイの窓」の中で10年以上お付き合いしていた彼女に公開プロポーズをし、見事結婚されたことでも一時話題になりました。

大阪外語大学を卒業されており、調べましたが伝統芸能についての情報はありませんでした。。。外国の文化に触れる事で、日本の良さに気づいて伝統芸能に興味を持ったのかもしれませんね笑(あくまで予想ですが)

叩いている鼓は、本格的なものは数十万るそうですが、南條さんが使用しているのはレプリカで4万円くらいで買えたそうです。

でもレプリカでも4万円するなんて!と「伝統芸能をなめていた」と後に語っています笑

ボケ:三島 達矢(みしま たつや)

三島さんも南條さんと同じく1982年生まれの大阪出身。同い年なんですね。

趣味は浮世絵鑑賞や和歌を詠むことで、津軽三味線が特技だそうです。本当にビジュアル通りというか、そのままの趣味で驚きましたね笑。

ネタで披露している、能や狂言、歌舞伎は独学で勉強されたとの事ですが、元々好きなことなのかもしれませんね。

でも本当に発声など本格的で、引き込まれます。

ツイッターででも発信されているようですが、アトピーをお持ちのようです。
それでも人前に出る芸人を選び、発信し続けている姿勢は本当に尊敬できます。

NSC時代はそれぞれ別のコンビを結成していたのですが、お互い解散。

そのタイミングで「みなみのしま」が結成されたそうです。

日本の伝統芸能というレアな共通点を持つ2人が同期で出会い、コンビを組むなんて運命的な何かを感じられずにはいられませんね!

受賞歴など

  • 2013年 キングオブコント2013 2回戦進出
  • 2014年 キングオブコント2014 準決勝進出
  • 2015年 キングオブコント2015 準決勝進出
  • 2016年 M-1グランプリ2016 準々決勝進出
  • 2017年 キングオブコント2017 準々決勝進出
  • 2017年 M-1グランプリ2017 3回戦進出
  • 2018年 キングオブコント2018 準々決勝進出
  • 2018年 M-1グランプリ2018 準々決勝進出
  • 2019年 M-1グランプリ2019 決勝進出

まとめ

以上、すえひろがりずのエピソードでした。

2人のツイッターを見るとわかるのですが、お互いの写真を載せたり、友達同士のようにご飯食べに行ったりと芸人コンビにしては非常に仲が良いのが印象的です。

すえひろがりずのネタは伝統芸能とかけ離れた英語HIPHOP現代の物あえて融合することで、子供から大人まで楽しめるネタが多いです。

Youtubeの動画でも年配の方にもウケているのが非常に印象的でした。

袴や鼓というビジュアルからも海外でのネタも受け入れられ爆発する可能性も十分にあると思います。

M-1が終わったあとも目が離せないコンビですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED POST