平野

オリンピック・ファッション・アイコンの平野選手が、日本の文化・芸術を生かす。

オリンピック・ファッション・アイコンの平野選手が、日本の文化・芸術を生かす。

つい先日、オリンピックチャンピオンに輝いた平野歩夢選手は、北京大会のスノーボード男子ハーフパイプ決勝で金メダルに舞い上がる際、手ぬぐいを首にかけ、日本の伝統と文化を大切にしていることをアピールしました。

23歳の金メダリストは、世界のメディアに取り上げられた。国内のサポーターたちは、彼が金曜日の決勝で身に着けていた白い綿の布に目を留めた。彼の愛国心を称賛し、インターネットショッピングを始めたところ、そのアイテムは瞬く間に売れた。

彼が着ていた「浮世」の漢字が入った手ぬぐいは、同じプロスノーボーダーで起業家の相沢亮氏がデザインしたもので、彼の手ぬぐいが突然オリンピックファッションの話題のひとつになったのである。

相沢氏は、「スノーボードファンから再入荷の希望が多く寄せられている。

「3月1日までに再入荷する予定です。と共同通信に語った。

"ブランド露出はすごい反響があった。日本のオリンピック選手が手ぬぐいをフェイスマスクに使い、オリンピックの舞台で活躍したことは驚きでした。歩夢は真のサムライだった」と述べた。

相沢は22歳、国際的に活躍し、大物スポンサーもついている。平野が今、ファッションアイコンとして活躍しているのは、彼のおかげである。本人によると、2人が初めて出会ったのは2020年、山梨県のスキー場だったという。

冬季オリンピックで2度の銀メダルを獲得した平野が、スイス合宿中にシックなヘッドアクセサリーを褒め、相沢が身につけていた手ぬぐいを受け取ったのだという。

相沢は昨年10月、手ぬぐいのブランド「Ukiyo」を立ち上げた。相沢は昨年10月に手ぬぐいブランド「浮世」を立ち上げた。この状況を逆手にとり、相沢はこのブランドのメッセージを若い人たちに伝えている。

浮世という言葉は、「はかない」という意味。ブランド名には、"自由に生きる "というメッセージを込めたかった。スノーボードは自己表現行為であり、芸術でもあると思うんです。相澤は、日本文化を代表する芸術品を受け継ぐことも、スノーボードに似ていると述べた。

手ぬぐいとは、文字通り「手を拭く」ものだが、乾かしたり、拭いたり、包んだり、さらにはネットカジノゲームで遊んだスマホの指紋を拭いたりと、多目的に使用できる。お土産にも最適で、日本の家庭や銭湯などでもよく使われている。

日本にも3月21日の「手ぬぐいの日」があり、数百年の歴史を持つ伝統工芸を記念して2016年に制定されました。

手ぬぐいの値段は大きさやデザインによって異なるが、平野が作ったものは約33ドルである。

平野は、オリンピック金メダリストになった翌日、地元テレビ局から手ぬぐいについて取材を受けた。友人のスノーボーダーがこのブランドを所有しているという。また、スノーパークで手ぬぐいを使うのは、"カッコイイから "と言っていた。

平野は手ぬぐいをマフラーやネックウォーマーの代わりに首に巻くことはしない。手ぬぐいをフェイスマスクにしたり、トレードマークのドレッドヘアに巻いたりして使っている。

コメント欄には、平野選手の金メダル獲得に祝福の声が多く寄せられた。しかし、手ぬぐいを使うことで生活が楽になったというユニークな意見もあった。

手ぬぐいには流行があることは、過去に証明されている。平野は画期的なスノーボードで大衆にインスピレーションを与え、Z世代のスポーツウェアに日本文化のテイストを加えているのです。

     
RELATED POST